ブログの書き方について

 今日は一日家でのんびりした。CDも数枚聴いたのだが、それの感想は今度書くことにしようと思う。今日は少しブログの書き方に関することを書いてみようと思っている。

 こういうふうに書くと大げさになってしまったが、何のことはない、文章を丁寧語(敬語と書くべきか?)で書くか、いわゆるタメ口で書くかということである。

 私は最初ブログの記事を丁寧語で書いていたのだが、最近タメ口に変更した。定期的に読んでいただいている方には違和感を与えたかもしれないのでその理由を書いておきたい。


 なんていうかですね、敬語で書いているとあまり否定的な意見を書きにくいわけですよ。まあ書き手の問題なんだろうけど、やはり敬語を使っている以上、一歩引いた感じで物事を考えてしまう傾向にあるようでハッキリとした意見が書きにくいわけです。というわけでタメ口で書くことにしたわけです。(という文章が敬語になっているがw)

 文体を変えるとたしかに多少は意見が書きやすいようになった気がする。なんか評論家とかの文章って独特の威厳に満ちたような感じの文体が多いけど、やっぱり彼らも敬語的な表現をしていると率直な意見が書きづらいっていうのもあるんかなー。

 なんか仰々しく記事を書き始めた割に大したこと書いてないなwまあ、こういうわけなので、もし文体に関して何かご意見があればぜひコメントなり何なり下さい。


 さて今日は新譜の紹介だけさせてもらおう。私がこよなく愛するVENEZIAレーベルの新譜。ちゃんとした中身はわからないが、一つはラフマニノフのピアノ曲集みたいなものらしい。演奏者の名前の「prtrov」が凄まじい存在感を放っていますなー。そう感じるのは私だけかもしれんけどw

 それでもう一枚もラフマニノフで、が復刻されるみたいである。これは非常に有名な録音なのでそのうち記事に書きたいと思うが、相変わらずこのレーベルの仕事っぷりには本当に感心するところである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

俺だ
2011年12月25日 16:07
レスありがとう。詳細はこれです(人・ω・)$ http://e29.mobi/

この記事へのトラックバック