バルトリのリスト=ブゾーニ 「パガニーニによる大練習曲」

 いきなり暑くなったなー。今日は一日部屋の掃除をしていたんだが、部屋がむちゃくちゃ暑かったですよ。幸い一日風があったのでなんとか凌げたけど、一気に夏になったという感じである。

 一週間ほど前から今日は暑くなるっていう予報が出ていたのでそれほど驚きはしなかったけど、それにしても一週間も前から気温の予報ができるっていうのは、よくよく考えてみるとスゴイことだと思う。まあそれだけ統計データが溜まっているということなんだろうが、いざ予報を当てられるとその正確さを再認識させられるものだ。


 さて今日は掃除をしながらいろいろとCDを聴きましたよ。その中でも初めて聴いた曲について紹介しようと思う。最近ブリリアントから出たリスト=ブゾーニのアルバムからパガニーニ練習曲のブゾーニ版である。

 とりあえず一回聴き通してみたが、ハッキリ言って違和感が半端やないですなw全体的なメロディーとかはそれほどいじられてはいないようだが、細部のアレンジがかなりあって、そのたびに違和感を感じていた。

 なんとなくの印象で言うと、ブゾーニ版の方が曲の表情が豊かと言えると思う。同じようなフレーズが続くところなどで少し変化が付くように編曲しているように思える。強弱を変化させたり、音程を変えるなどの細かい演出がチラホラ見えた。

 ひょっとしたらそういう明確な編曲はなく、ただ単にピアニストがそういう風に弾いているだけかもしれんがwただこのピアニストはあまりこういうロマン派的な曲には合わないような気がするなー。あまりヴィルトゥオーゾ的な感じの演奏をする人ではないようなので、もう少し真面目な曲のほうが向いているのかもしれない。



Liszt-Busoni Studies & Transcriptions
Brilliant Classics
2011-05-31
Busoni

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Liszt-Busoni Studies & Transcriptions の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック