フィオレンティーノ・エディション 第2弾

Piano Classics からフィオレンティーノ・エディションの第二弾が出るらしい。

以前リリースされた第1弾は言わずもがなの素晴らしい好企画で、第2弾も楽しみにしていたらどうやらリストのピアノ曲の音源をまとめたボックスということらしい。

1960年代に録音された音源が中心で、技巧的な観点では全盛期に近い演奏が多く、難曲マニアにはたまらない内容かと思う。

例えばかの有名な「パガニーニの鐘による華麗なる大幻想曲」も含まれている。

第1弾よりも技巧がバリバリの頃の演奏に興味がある人にはうれしい企画だと思う。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

tetsuoteto
2013年01月25日 18:03
全く違う内容で申し訳ないのですが・・・・
オグドンについて書かれているサイトを探してこのサイトに来ました。オグドンにつぃて多く語られているサイトが無かったので見つけたとき少し興奮しました(笑)本当にオグドンは最近忘れられているなと寂しいです。
エネルギッシュでかと思えば異様に繊細でやっぱりいいですね。

この記事へのトラックバック