リヒテル ライヴ・イン・キエフ 16枚セット

明けましておめでとうございます。 さてでは早速新年一発目のネタにいきましょうか。 リヒテルのキエフライヴが再販されるらしいです。 今回も2枚組のバラと、それらをまとめた全集の2種類がリリースされるようで、 前に販売されていたときに買えなかった人にはチャンス再びということですね。 実は私も前回は買えなかった口でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リシッツァのラフマニノフ ピアノ協奏曲全集

あのリシッツァがラフマニノフのピアノ協奏曲全集が発売になるようだ。 Youtubeを頻繁に見る人なら知っていることと思うが、ラフマニノフのエチュードを演奏する動画で一躍有名になった女流ピアニストである。 まだ知らないという人は一度Youtubeでラフマニノフのエチュードを検索してくださいな。 おそらく検索結果のトップにくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アシュケナージのデッカ録音50周年記念ボックス

こちらもついにという感じのボックスですね。 DECCAからアシュケナージの50枚組ボックスが出るらしい。 50枚? 50枚くらいでアシュケナージの膨大な音源が全て収録できるのか? と思っていたら、案の定というか、なんとも腹立たしいことに、いわゆる完全な全集ではなく、アニヴァーサリィというコンセプトの寄せ集めのボックスのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カペル RCA録音全集 11枚組セット

ようやく出るようです。 昔、プラケース9枚組みのでかいボックスで販売されていたんだが、一向に再販の気配がなかった全集。 録音からかれこれ半世紀以上は経っている音源ばっかりなので、「なんでいつまでたっても再販しないんだろう?」と思っていたら、ついに重い腰を上げたようだ。 しかも今回は最近発売された、死の直前の放送音源もし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソコロフのバッハ メロディアからの初出盤

ソコロフのメロディア音源が発売されるそうな。 曲目は以下の通り。 J.S.バッハ: 1. ゴルトベルク変奏曲 BWV.988 2. パルティータ第2番ハ短調 BWV.826 3. イギリス組曲第2番イ短調 BWV.807 もちろんメインはゴルドベルク変奏曲なんだろうが、個人的にはパルティータの2番が楽しみである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレンペラー ロマン派交響曲集と序曲集

クレンペラーのボックスセットが3個発売予定である。 以前にも記事にしたと思うが、クレンペラーが亡くなってから約40年が経過しており、昨今の激安ボックスブームの流れからしてそろそろクレンペラーのボックスが出るんじゃないかと思っていたが、案の定・・・ とはいかず、何とも中途半端なセット販売となってしまった。 いや、クレンペラー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラフマニノフ ピアノ曲全集 発売予定

さて、今度ラフマニノフのピアノ曲全集が発売されるらしい。 最近だとポンティの全集が出ていたが、そちらの方は初CD化ということで、音源自体はレコードとして市販されていたものだから、新録音の初出という観点では久々の全集ということになるのだろうか。 まだジャケットしかわからず、そこからわかるピアニストの名前はそれほど有名というわけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DGのモーツァルトの55枚組ボックス

DGとアルヒーフの音源を集めたモーツァルトの55枚組ボックスが発売された模様。 音源の出処が有名レーベルだけに内容の水準はかなり高いだろう。 モーツァルトのいろいろなジャンルの曲をつまみ食いしてみたいという人にはなかなかの好企画ということなのだろうか・・・。 それにしてもこのボックスはどういう層をターゲットにして作られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デッカ、グラモフォンの合唱曲集 50枚セット

DG111で旨みを味わってしまったのか、今度はユニバーサル系の音源を集めた合唱曲集のボックスが出ました。 内容はルネサンス期から現代までの宗教曲を中心に集めたセットで、モーツァルトやバッハの音源はともかくとして、バッハ以前の曲や、プーランクなどの近現代の曲が嬉しいという感じ。 現在6000円弱で販売されているので、かなりお得感がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レオンハルト バッハ 鍵盤楽曲全集

アマゾンでレオンハルトの鍵盤楽曲全集が安くなっているようである。 だいたい3割引きになっており、国内盤の値下げとしては相当に大きい。 私はチェンバロはあまり聴かないのでこのボックスには二の足を踏んでしまうが、購入を考えている人には朗報かもしれない。 ちなみに私はレオンハルトのボックスを2点購入しているのだが、まだほとんどの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラヴェルの全集がリリース予定

ラヴェルの全集が出るそうな。 それほど作品を多く書いていない作曲家なのでとうの昔に全集が出ていそうなものだが、よくよく考えてみるとこれが初めての全集らしい。 CD14枚組ということだから、作曲家の全集としては作りやすいような気がするんだけどねw で、今回リリースされるのはDECCAからのもので、DGやらの音源を集めてかなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンダ モーツァルト ピアノ協奏曲第20番

さて今日もアンダのモーツァルトから一曲。 ピアノ協奏曲の20番です。 寝る前に一曲聴くには調度良い感じなので2日続けてモツコンを聞いてみたけど、この曲もなかなかですねー。 この曲で好きなのは第1楽章で、暗い雰囲気と下の方からこみ上げてくる躍動感みたいなのが好きですよ。 この演奏もしっかりした協奏曲の弾き方をしているみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンダ モーツァルト ピアノ協奏曲第23番

今日はアンダのモーツァルトのピアノ協奏曲の第23番について。 私はモーツァルトのCDを買うということはほとんどしないのだが、ピアノ協奏曲全集は幾つか持っていて、ついこの間このアンダ盤を買った。 まあ買ったのはいいが、なかなか全て聴き通す時間は取れないので、今日なんとなく聴いた23番を紹介しようと思う。 全集を買うとまず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バレンボイム チェリビダッケ シューマン ピアノ協奏曲

久しぶりに音楽を聴いたのでチョロっと更新。 珍しくDVDを購入し、やっと時間がとれたので鑑賞してみました。 昨日寝る前に聴いたのだが、思いのほか、良かったので紹介してみます。 チェリビダッケとバレンボイムによるシューマンのピアノ協奏曲で、特に第一楽章が良かった。 バレンボイムは膨大な量の録音を残しているようだが、あまり真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スヴェトラーノフの芸術 特価

久しぶりにHMVのホームページを覗いてみるとスヴェトラのボックスが特価になっているではありませんか! 私は発売時に購入しているのだが、これはなかなかお買い得ですよ。 最近の激安ボックスに慣れていると20枚で7500円というのは安い部類には入らないと感じるかもしれないが、スヴェトラのCDはなぜか高価なものが多いからねー。これでも以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グールド バッハ・エディション

グールドのバッハ録音を全て収録した全集がリリースされるらしい。 ぱっと見たところ、初出時のカップリングをそのままCD化するようで、バッハ以外の音源も含まれているようだ。 グールドのバッハと言えば、CD20枚組の全集がずっと廃盤だったので、グールドのバッハに興味がある人からするとなかなかの好企画だと思う。 ただし、個人的には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼 フランス・クリダ リスト ピアノ曲集

リスト弾きとして有名なクリダが亡くなったらしい。ネットで調べたところ79歳だったみたい。 私にとってはあまり馴染みのないピアニストなのだが、先日リリースされたリストのピアノ曲集はなかなかの内容だった。全体をサラッと聴いただけだが、基本的に少し早めのテンポ設定の曲運びが多かったように思う。 技術的には特にこれといって高いとも低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リヒテル バッハ 平均律 SACD化

リヒテルのバッハの平均律がSACDになるそうな。 そこそこ古い録音とはいえ、長めの残響とリヒテルのロマン派的な解釈がマッチしているので音質的には結構好きだから、今回のSACD化は結構興味ありだったりする。 個人的にはバッハの平均律はリヒテル盤が至高だと思っているのでどれだけの音質向上があるのか楽しみだ。 ま、SACDプレイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹筋ローラー

 さっきWBSを見ているとダイエット用のトレーニング機器が売れているらしいのだが、ああいうのって結局成功しないイメージがあるんですよねー。っていうか、思いつきで筋トレを初めて、それが持続できるなら、そもそもダイエットをしないといけない体型にならないはず・・・とか思ってしまうわけですよ。  とか言ってなんとなくダラダラとした生活を続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more