クレンペラー&ケルン放送響 ブラームス 交響曲第1番

メンブランから出たクレンペラーボックスからの一枚。 フィルハーモニアではなく、ケルン放送響との音源である。 55年録音ということで、あまり音質は良くない。 音が硬く、高音部で音割れが目立つ。 ただ鑑賞に耐えないというほどではないのでまあよしとしよう。 ぱっと聴いた感想としては、結構聴きやすい演奏だったように思う。 全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風邪で胃腸がやられました。

風邪をひいたらしく、胃の調子が最悪だ。 ここ数日暖房をつけていても猛烈な寒気がするし、食欲が全くない。 今日は少しマシになったので、どうやら体調が戻りつつあるようだ。 さて以前紹介したヴァントのボックスが値下がりしたみたいである。 今のところアマゾンが最も安くて、2点買って10%OFFを利用すれば5000円を切る値段で購…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァント&ベルリン・フィルのブルックナー選集

ヴァントのボックスについて紹介するときに「多分ベルリン・フィルとのブルックナー選集も収録されているはず」みたいなことを書いたけど、 ケルン放送響との全集のみが収録されていてベルリン・フィルのものは収録されていなかった。 しかしHMVによると、ベルリン・フィルとの録音も別のボックスセットとして発売されるようである。 本筋の方のボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホロヴィッツ リスト コンソレーション第3番

今日もホロヴィッツのDG全集からの一曲。 前に紹介したブゾーニが収められているCDに入っている録音である。 ホロヴィッツはこの曲の音源を幾つも残しており、Youtubeでも晩年のライヴ録音を聴くことができる(カーネギー・ホールでのライヴかな?)。 以前にもこの曲の紹介をしたかもしれないが、ホロヴィッツの演奏はこの曲の最高の演奏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホロヴィッツ バッハ=ブゾーニ いざ来たれ、異教徒の救い主よ

昨日書いたキタエンコのショスタコはもう完売したみたいだ。 あの値段だとそりゃーすぐに売り切れるだろうとは思っていたが、さすがにこれだけのスピードでクラシックのCDが売り切れるというのは滅多に無いことだと思う。 さて今日は昨日聴いたホロヴィッツのブゾーニについて。 晩年にホロヴィッツがグラモフォンに残した録音で、同曲の演奏の中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キタエンコのショスタコーヴィチ全集が特価

昨日もHMVの特価について書いたけど、今日は凄まじい激安商品が出とりました。 キタエンコのショスタコ全集が1390円という殺人的な価格で出ております。 キタエンコはムラヴィンスキーとかスヴェトラーノフに比べるとはるかに無名になると思うが、現代の巨匠の独りという感じではないだろうか。 その彼のショスタコ全集がこれほど安いというの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィオレンティーノ リスト パガニーニの「鐘」によるブラヴーラ風大幻想曲

フィオレンティーノのベルリン録音集について書いていたときにふと思い出したフィオレンティーノの名盤。 フィオレンティーノは90年代の録音が比較的手に入りやすいのだが、60年代にもかなりの数の録音を残しており、その中でも非常にハイレベルな演奏を聴かせてくれるのが今日紹介するパガニーニの「鐘」によるブラヴーラ風大幻想曲である。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シチェドリン 自作自演 若者のためのアルバム

ちょっとCDの整理をしているとシチェドリンの自作自演のピアノ曲集が出てきた。 あれ?最近EMIからリリースされた2枚組の自作自演のCDを買ったよな!?って思って調べてみると、EMIのCDはシチェドリンじゃなくてチェレプニンだったというオチ・・・。この年でボケたかな?w ま、どっちもよく知らない作曲家なので区別できてないってこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィオレンティーノ ベルリン録音集

ここ最近で最も驚いた新譜の情報。 なんとフィオレンティーノのベルリン録音集がボックス化されて発売されるようである。 ここで収録されているのは90年代に行われたベルリンでのライヴ録音が10枚分ということみたいである。 これはフィオレンティーノの晩年の録音ということになり、全盛期ほどの技巧はないのではあるが、それでもラフマニノフの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カツァリス スクリャービン 舞曲集

これも最近買ったCD。カツァリスのスクリャービンの舞曲全集で、どうやら77年にEMIに録音した音源らしい。 スクリャービンのピアノ曲のCDと言えばソナタがほとんどで、たまに前奏曲とか練習曲のCDがリリースされるくらいだと思うが、ソナタなんかは録音せずにいきなり舞曲の全集を作るというのがいかにもカツァリスらしい選曲であると思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァント グレート・レコーディングス

来年の1月にヴァントのRCA録音集が発売されるようである。HMVや日本のアマゾンにはまだ情報が出ていないのだが、ドイツのアマゾンでは既に予約が可能になっているので一応ドイツアマゾンのURLを貼っておく。 ドイツアマゾンによるとこのセットは29枚組のボックスになるようである。ぱっと思い浮かぶ内容としては、ブルックナーの旧全集とベート…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

フランソワのショパン録音がSACDに!?

今度EMIからフランソワのショパンの録音がSACDでリリースされるみたいだ。 フランソワ以外にもシフラのハンガリー狂詩曲とかがリリースされる予定らしい。 ・・・はぁ。そうですか。というのが率直な個人的感想だ。 こういう企画っていうのは需要があるのだろうか? 私はSACDプレーヤーを持っていないので、その良さをわかっていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハワードのリスト 預言者のイラストレーション

さて今日はハワードのリスト全集を聴いてみた。 この全集、リストのピアノ曲というピアノ曲を全て網羅しているもので、少々値は張るのだが、編曲作品はもちろんのこと、改訂版が存在する曲でも改訂版以外の全ての版まで全て録音しているのだからなかなかに貴重な全集である。 というわけで似たような曲(っていうか同じ曲)も多数含まれており、リストが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロルティのラヴェル ピアノ曲全集 1

風邪ひいた。数日前から喉が痛くて、龍角散を飲み続けているのだが、朝起きるたびに前日よりも悪化しているのを実感している。 急に気温が下がったからか、周りにも風邪を引いている人が多い。 リンパ腺が腫れているようで、首周りがつらいのと多少体がダルいものの、熱は出ていないようだし、特に日常生活を送る上では支障はない感じなのが幸いだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひっそりと・・・

お久しぶりっす。 事情によりしばらく更新をやめておりましたが、ちょっと時間ができてきたのでひっそりと再開しようかと思いました。 とは言え、あと一ヶ月くらいしたらまた忙しくなるので、すぐにまたお休みということになるかもw というわけで不定期に更新ということになる可能性が大ですが、またお付き合いいただければと思います。 いや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★★★★ クレンペラーのメンデルスゾーン 「交響曲第3番」 バイエルン放送響

 今日は久しぶりに梅田まで行ってきた。最近少し気温が低めだし、夕方から出かけたせいもあってそれほど暑さで苦しむことなく買い物ができましたねー。CD屋を何軒かハシゴして何枚かCDを買いました。それについてはまた今度。  さて今日は久しぶりにガッツリと交響曲を聴いてみたくなりましてね、クレンペラーのスコットランドを聴いてみたわけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マガロフのショパン全集 復刻

 最近忙しくてCDを聴く時間がとれないんよー。明日・明後日は特にやらないといけないこともないので久しぶりに聴けるかな。買うだけ買って棚に放り込んだまま聴いていないCDがたくさんある状態ですからね。時間があるときに聴いておかないとどうにもならんですよ。  さて今日も復刻シリーズ?のボックスを紹介。マガロフのショパン全集が復刻され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more