テーマ:フランソワ

フランソワのショパン録音がSACDに!?

今度EMIからフランソワのショパンの録音がSACDでリリースされるみたいだ。 フランソワ以外にもシフラのハンガリー狂詩曲とかがリリースされる予定らしい。 ・・・はぁ。そうですか。というのが率直な個人的感想だ。 こういう企画っていうのは需要があるのだろうか? 私はSACDプレーヤーを持っていないので、その良さをわかっていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのベートーヴェン 「ピアノソナタ第23番 熱情」

 昨日は飲み会で遅くなって気づいたら寝てしまってました。予定ではフランソワの熱情についての記事を書く予定だったのですが、気づいたら朝に・・・。というわけで今日はフランソワの熱情について書いてみようと思います。  晩年のフランソワは借金まみれであることが多かったらしく、EMIが彼の借金を肩代わりするかわりに、彼にベートーヴェンのソナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのバッハ=リスト 「プレリュードとフーガ」

 今度VENEZIAレーベルからガヴリーロフのバッハの協奏曲全集が出るみたいですね。っていうかこの音源の存在自体を初めて知りました。EMIに録音しているCDは持っているんですが、彼は2回もこの曲を録音していたんですね。そういえばフランス組曲も2回録音していますし、バッハには特別の思い入れがあるんでしょうか。3月下旬に発売されるようですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのショパン 「ワルツ第7番」

 今日また気持ち玉をいただきました。ブロンフマンのラフマニノフの3番に関するものでした。ありがとうございました。「がんばれっ」っていうコメント付きだったんですが、昨日の引越しの手伝いの影響で案の定筋肉痛になりましたw右足の太ももと右の脇腹が痛いです。冷蔵庫とかを運ぶときに右半身に負担がかかったんでしょうか。しかしそれほど強い痛みではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのショパン 「幻想曲と舟歌」

 今日は後輩と飲みに行ってきました。メキシコ料理のお店で、メキシカン鍋っていうのが美味しかったですね。でもその店の店長っていう人がメキシコに行ったことがないんだとか。っていうかそもそも最初はやきとり屋をしたかったそうなんですが、近所に焼き鳥屋が多かったのでメキシコ料理に変更したんですと。この適当さがたまりませんねw私はこういう人が大好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのショパン 「夜想曲第14番」

 今日はフランソワのショパンからノクターンの14番を紹介します。本当は全集としての記事を書いたほうがいいんでしょうけど、フランソワのノクターンは割と普通の演奏なんですよね。ゆえに特にフランソワのファンではないという方でもそれほど抵抗なく聞ける演奏だと思うんですが、フランソワのファンとしては少し物足りないような印象も受けるわけですよ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのショパン 「練習曲 作品25」

 はい。今日もフランソワのショパンの続きです。練習曲の作品25のほうですね。こちらもなんだかんだで素晴らしい演奏。作品10同様に「ここがいい!」とハッキリ言えるわけではないんですが、なぜかちょくちょく聞いてしまうという不思議な中毒性がありますw  しかし作品10に比べると少し大人しくなっているような気がしますね。全体的に見ると静か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのショパン 「練習曲作品10」

 二日間記事の更新をサボってました。すみません。  風邪をひいたんだと思うんですが、ずっとしんどくて記事の更新ができませんでした。しかも今日プレゼンをしないといけなくて、本当に大変だったんですよ。もうね、この世に神はないものかと言いたい気分です。  まあ一応どうにかこうにか無事に終了したので良かったんですが・・・。これでよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのドビュッシー 「映像第1集、第2集」

 今日はフランソワのドビュッシーを聴いてみました。例のフランソワボックスの一枚で、映像と小品が収録されています。映像は前から好きな曲なのでそれについての感想を書きたいと思います。  とりあえず晩年の録音ということで技術的な衰えはかなり感じます。なのでミケランジェリとかの完璧な演奏が好みの方にはちょっと苦痛に感じる演奏かもしれません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのリスト 「ピアノ協奏曲第2番」

 はい。昨日の続きでコンチェルトの2番です。これも「知られざるフランソワ」に収録されていた音源で、聴いたことのある方なら既にご存知でしょうが、違和感がものすごいです。  具体的にどこに違和感を感じるのかと言えば、開始4分くらいのところです。普通の演奏だと、この部分はテンポよく軽やかに弾くんですよ。それで怪しげな躍動感を出すんですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのリスト 「ピアノ協奏曲第1番」

 今日はフランソワのリストのピアノ協奏曲第1番を聴きました。「知られざるフランソワ」に収録されていた音源であり、フランソワ全集を買う前から結構気に入っていた演奏です。  ちょこちょこピアノとオケがずれている箇所があるものの、なかなかの名演だと思います。60年の録音らしいですが、音質も結構良く鑑賞においても問題ありません。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのシューマン 「ピアノ協奏曲」

 今日はフランソワボックスからシューマンのピアノ協奏曲を聴いた感想を書きます。58年録音ということですが音質は結構良く、鑑賞に問題はないです。  そして内容はというと、非常に素晴らしいです。全楽章通してかなりロマンティックに歌いあげられていてとても美しい。特にいいと思ったのは第1楽章で、冒頭からかなり長めに間をとって、一つ一つのフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのドビュッシー 「前奏曲集第2巻」

 今日は前の続きで、フランソワのドビュッシーの前奏曲集第2巻を聴いた感想を書きます。第1巻では「技巧の衰えが目立ち、基本的にゆっくりした曲はいいけどテクニカルな曲はそんなに・・・」という感想を書きましたが、第2巻の方は第1巻よりは出来がいいと思います。  もちろん技巧的に荒いところや、怪しいところはありますがそれほど気にならなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのドビュッシー 「前奏曲集第1巻」

 今日も寒かったですねー。3時頃に買い物に行ったんですが、運動不足解消のため自転車でいき、帰り道は死にかけましたねwちょっと大げさかなw  まあ餅とかそのへんの正月用品を買ったわけですが、その買い物から帰ったあとに灯油を買いに行きましてね。これも運動不足解消のために自転車で行ったんですが、大失敗ですね。  片手で持って運転す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのラヴェル 「クープランの墓」 58年盤

 今日でようやく御用納めとなりました。明日からはもう好きなだけ音楽が聴けますね。まあ部屋の大掃除がまだなのでそれもしなければなりませんがwしかし休みになるっていうだけで気が楽になるからいいですなー。  さて今日はフランソワのラヴェルから、「クープランの墓」を紹介しようと思います。これは58年に録音されたもので、フランソワ大全集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのラヴェル 「左手のためのピアノ協奏曲」

 はい。クリスマスイヴだろうがなんだろうが、今日も淡々と記事を書いていきますよ。今日はフランソワのラヴェルです。フランソワはラヴェルのコンチェルトとソロの作品の全集を残しており、そのどれもが素晴らしい内容だと思いますが、その中でも今日は左手のためのピアノ協奏曲を取り上げたいと思います。  私がこの曲を聞くときはもっぱらフランソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのショパン 「ピアノソナタ第2番」「ワルツ全集」

 今日もフランソワ全集からの一枚。ディスク2を聴きましたのでその感想を書きます。ショパンのソナタ2番とワルツ全集が収録されています。どちらも旧録音です。再録音はショパンのボックスに収録されていたのを持っていましたが旧録音は初めて聴くので楽しみにしておりました。  一度耳を通した感じではワルツの方が良かったなーという気がします。ソナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのショパン 「ピアノ協奏曲第1番(旧録音)」

 今日ようやくフランソワ全集が手に入りました。ずっと前から予約していたんですが、同梱のCDの手配が遅れて一括発送が今になってしまったようです。随分待たされましたがこれでお正月は楽しめますね。  それで早速封を開けてみたんですが、最初に驚いたのはボックスの背表紙に当たる部分。「The Complete Recordings」などの表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★★★★ フランソワのショパン 「バラード・スケルツォ」

唐突ですが、今日近所の文房具屋に万年筆を買いに行ったんですよ。ラミーというメーカーのものがあればちょっと試し書きをしてみたかったんですが、なんとその店には万年筆が一本もなかったんですよ。えっ!文房具屋なのに万年筆が無いとか。。。 みなさん、最近は万年筆とか使わないんですかね?まあそれほど売れるものではないと思いますが、一応在庫を置いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more