テーマ:スクリャービン

ホロヴィッツ スクリャービン 練習曲嬰ニ短調Op.8-12

この曲もホロヴィッツのモスクワライブから。 ホロヴィッツはロシア音楽に定評があるが、特にスクリャービンとの相性は抜群だと思う。 本人もスクリャービンが好きだったのだろう、若かりし頃から晩年にいたるまで何種類もの録音を残している。 その中でも特に好きな・・・というか、この曲と言えばホロヴィッツという代名詞みたいな曲がこのエチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カツァリス スクリャービン 舞曲集

これも最近買ったCD。カツァリスのスクリャービンの舞曲全集で、どうやら77年にEMIに録音した音源らしい。 スクリャービンのピアノ曲のCDと言えばソナタがほとんどで、たまに前奏曲とか練習曲のCDがリリースされるくらいだと思うが、ソナタなんかは録音せずにいきなり舞曲の全集を作るというのがいかにもカツァリスらしい選曲であると思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★★★ レットベリのスクリャービン 「ピアノソナタ第2番」

 またプレゼンしないといけなくなりますた。しかも土曜日の朝一ですと。ちょいと勘弁して欲しいわと思うけど、そうもいってられんですね。とりあえず明日中には発表の準備をしないといけないですねー。なんとか一日で終わればいいんだが・・・。土曜日はこれ以外の用事が入っているので実質準備に時間を割けるのは明日だけ。修羅場になるのが目に見えてるわーor…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★★★ ジューコフのスクリャービン 「ピアノソナタ第2番」

 今日は久しぶりに昼寝をしてしまった。そのせいでこの時間でもまだ目が冴えてしまって仕方がない。どうせだから書類作成の仕事をダラダラとやっているわけだが、やっぱりこういう仕事は夜の方がはかどるなー。  結局暗いところで作業をしたほうが集中できるってことなんかな?もしそうなら一日中暗室で仕事してれば効率がよくなるのか・・・?まあ気が滅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジューコフのスクリャービン 「ピアノソナタ全集」

 何やらMELODIYAレーベルからいろいろな新譜が出るようですね。VENEZIAから出ているものと被っているのもチラホラありますが、貴重な復刻もかなりの数が出るようです。 私が一番気になったのがジューコフのスクリャービンのソナタ全集。再録音のやつはずっと取り扱われていましたが、旧録音がCDとして出るのは初めてなんじゃないですか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムランのスクリャービン 「ピアノソナタ第8番」

 昨日は記事の更新ができなくてすいませんでした。家族の共有のPCが故障してしまって新しいのを注文せよという命令がきたので何も考えずDellのHPでざっと眺めて購入。  いろいろとスペックの比較をしていたら疲れちゃって、そのまま寝ちゃいましたwで、朝起きてからブログのことを思い出しましたとw  しかし自分のPCじゃなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガヴリーロフのスクリャービン 「ピアノソナタ第4番」

 今日はガヴリーロフのスクリャービンのソナタ第4番について書こうと思います。前にアムランのスクリャービンについて書いたときにガヴリーロフの録音について触れたので、思い出したように聴いてみました(まあ実際思い出して聴いたわけですが)。  とりあえず、すごい演奏でしたね。久しぶりに聴いたけどやっぱりいい。やたらと早い演奏という風に記憶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムランのスクリャービン 「ピアノソナタ第7番 白ミサ」

 さて今日はアムランのスクリャービンの続き。第7番「白ミサ」です。どのへんがどう白ミサなのか未だにわかりません・・・っていうか、そもそも白ミサっていうものが何なのかもようわかっていないのですが、感想文がてら書いていきます。  曲の冒頭から激しいフレーズと神秘的で静かなフレーズが混ざっておりますねー。しかもそれらの対照的な曲調が突…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムランのスクリャービン 「ピアノソナタ第6番」

 今日はアムランのスクリャービンの続き。ソナタの6番。ここらへんから徐々に現代音楽的な感じが出てきておりますねー。ということは私にしたらようわからん音楽になっていってるわけですが、まあ感想文的なものを書いてみようと思います。  とりあえず、だいたい開始6分くらいのところからの激しいところはすごいと思います。テクニック的に正確である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムランのスクリャービン 「ピアノソナタ第5番」

 羽生が負けてしまいましたねー。いやー、羽生ファンとしては残念でなりませんよ。中盤からずっと先手の渡辺竜王がいいと思ってみていましたが、終盤になって逆転していたかなーと。  解説も後手の羽生がいいみたいなことを言っていたので、これはいよいよ羽生が竜王獲得に王手をかけるかと思っていたのですが、最後の5一角を喰らってはどうしようもない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムランのスクリャービン 「ピアノソナタ第4番」

 さて今日も例のごとくアムランのスクリャービンについて書いていきましょうか。今日はソナタの第4番です。ソナタとしては非常に短い曲ですが、まあ名曲ですよねー。  第1楽章の神秘的な雰囲気と第2楽章の躍動的な雰囲気が対照的で覚えやすい今日でもあると思います。この第4番くらいからは完全にスクリャービンっぽさが出ているような気がしますね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムランのスクリャービン 「ピアノソナタ第3番」

 突然ですが、みなさん音楽ギフトカードなるものをお持ちではないですか?私は今15枚ほど持っているんですが、既に使用することができないらしいですね。「え!?」ってなった人いませんか?実は昨日の私がそうでした。  ニュースでその記事を読んで知ったのですが、使用期限が過ぎているギフトカードについては、その制作をしている会社が現金への払い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムランのスクリャービン 「ピアノソナタ第2番」

 なんかハイフェッツのボックスが出るらしいですね。DVDとCDを合わせて104枚組のボックスだとか。単独のアーティストのボックスとしては過去最高の枚数らしいです。  最近出たカラヤンの全集は240枚組でしたが、それはいろいろなボックスに分かれていたので、純粋なボックスという意味ではたしかに過去最高枚数なんですかね?私はヴァイオリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムランのスクリャービン 「ピアノソナタ第1番」

 さて今日はアムランのCDを紹介しようと思います。スクリャービンのソナタ第1番。えーとですね、ぶっちゃけてしまうと私はこの曲が特に好きというわけではないですwじゃあなぜこの曲を取り上げた!?と言われそうですが、私はアムランのスクリャービンのソナタは全集としての完成度が高いと思っているので、一曲づつ紹介していこうと決めたわけでして、とりあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★★★★ プレトニョフのスクリャービン 「ピアノソナタ第4番」

今日ついに万年筆を買ってしまいました。事前にも一度ブログに書きましたが、LAMYというドイツのメーカーのものでお手頃な値段の割に結構使いやすいという噂。買おうかどうか迷っていてちょくちょくアマゾンのページを見ていたのですが、今日アマゾンのページを見るとなんと値下げされていて2200円になっているではないか!これは神が「買えっ!」と言って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more