テーマ:ピアノ

ボレット RCA録音全集

ボレットのRCA録音全集が発売されるそうな。 ボレットの録音と言うと、DECCAの音源がほとんどで、RCAの音源は、20世紀のピアニストシリーズくらいしか入手可能なものはなかったのではなかろうか。 上記のピアニストシリーズに収録されている音源は、カーネギー・ホールのライヴ録音で、ヴィルトゥオーゾ的な編曲作品がこれでもかと言わんば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルービンシュタイン大全集

ルービンシュタイン大全集が安い。 個人的には、ルービンシュタインの演奏は明るすぎてあまり好みではない・・・ というか、それほど魅力を感じないと言った方が正しいか。 しかし、まあRCA録音の全部を収録していて1枚あたり100円以下となるとこれは買わずにはいられないっていうもんですね。 とか言いながら買うだけ買ってほとん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホロヴィッツのカーネギー・ホールライヴ集

ついに発売されるそうですね。 ホロヴィッツのカーネギー・ホールでのライヴ音源のセットですよ。 半分以上は既発の音源のようだが、今回初めて発売される音源も多数収録されている。 ご存知のかたはご存知だと思うが、ホロヴィッツは自身のライヴを後々の資料用に録音しており、彼の死後に、それらの音源はイェール大学に寄贈したとのことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボレット 9枚組セット

いよいよボレットのボックスが出るらしい。 前に4枚組のセットが出たけど、今度は9枚組ですよ。 曲目はHMVのサイトなどで確認ができるが、ピアノ独奏曲のみで構成されているようだ。 最近ボレットのCDが一枚ものとして再販されていて、入手困難な曲が収録されているわけではないんだが、 バラ物を持っていなかった人には一度に揃えるチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィオレンティーノ・エディション 第2弾

Piano Classics からフィオレンティーノ・エディションの第二弾が出るらしい。 以前リリースされた第1弾は言わずもがなの素晴らしい好企画で、第2弾も楽しみにしていたらどうやらリストのピアノ曲の音源をまとめたボックスということらしい。 1960年代に録音された音源が中心で、技巧的な観点では全盛期に近い演奏が多く、難曲…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

チェルカスキー ASV録音全集

なんとなくお買い得品を見つけたのでとりあえず貼っておきます。 チェルカスキーがASVに録音した音源を集めたもので、これでASV音源に関しては全集になっている。 以前はデジパックが2個はいっている7枚組のボックスだったのだが、収録順を組み替えて6枚組にしたそうな。 この商品説明では1枚組になってるけどそこはご愛嬌やねw …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リヒテル ライヴ・イン・キエフ 16枚セット

明けましておめでとうございます。 さてでは早速新年一発目のネタにいきましょうか。 リヒテルのキエフライヴが再販されるらしいです。 今回も2枚組のバラと、それらをまとめた全集の2種類がリリースされるようで、 前に販売されていたときに買えなかった人にはチャンス再びということですね。 実は私も前回は買えなかった口でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アシュケナージのデッカ録音50周年記念ボックス

こちらもついにという感じのボックスですね。 DECCAからアシュケナージの50枚組ボックスが出るらしい。 50枚? 50枚くらいでアシュケナージの膨大な音源が全て収録できるのか? と思っていたら、案の定というか、なんとも腹立たしいことに、いわゆる完全な全集ではなく、アニヴァーサリィというコンセプトの寄せ集めのボックスのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カペル RCA録音全集 11枚組セット

ようやく出るようです。 昔、プラケース9枚組みのでかいボックスで販売されていたんだが、一向に再販の気配がなかった全集。 録音からかれこれ半世紀以上は経っている音源ばっかりなので、「なんでいつまでたっても再販しないんだろう?」と思っていたら、ついに重い腰を上げたようだ。 しかも今回は最近発売された、死の直前の放送音源もし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラフマニノフ ピアノ曲全集 発売予定

さて、今度ラフマニノフのピアノ曲全集が発売されるらしい。 最近だとポンティの全集が出ていたが、そちらの方は初CD化ということで、音源自体はレコードとして市販されていたものだから、新録音の初出という観点では久々の全集ということになるのだろうか。 まだジャケットしかわからず、そこからわかるピアニストの名前はそれほど有名というわけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホロヴィッツ ヴィデオコレクション

昨日ホロヴィッツのモスクワライヴについて書いたのだが、 どうやらこのモスクワライヴを含めた晩年のホロヴィッツのライヴを収録したDVDが6枚セットで発売されるらしい。 パッと見たところほとんどの動画はYouTubeで見られるみたいなので今さらこのセットを購入するか?と考えればそんなに売れないセットのような気もするが、 それでも6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロンフマンのラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第3番」

 羽生が竜王戦第3局で渡邊に勝ったー。第1局第2局ともにやや違和感のある負け方だったので心配だったんですが、今回は羽生らしい勝ち方だったのでなんというか安心しました。  終盤で出た7五金という手が真骨頂と言える見事な一手だったんでしょうか。終盤の終わり頃になるまでは渡邊が優勢に見えていたけど、最後の最後で逆転したみたいですね。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オグドンのフランク 「交響的変奏曲」

 はい。今日はオグドンのフランクの交響的変奏曲について書きます。と言っても私はこの曲はほとんど聴いたことがなく、別に好きな曲でもないのでどのへんが聴きどころなのかということもわかってないです。じゃあなぜ記事を書くんだ!?という声が聞こえてきそうですが、はっきり言ってしまえばオグドンの演奏だから。ということになりますね。それに昨日一昨日と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オグドンのシューマン 「ピアノ協奏曲」

 今日は昨日紹介したオグドンのCDのカップリングになっているシューマンの協奏曲について書きます。こちらの演奏も、グリーグの協奏曲同様にオケとのバランスが非常に良い演奏だと思います。  まず第一楽章。グリーグ同様に正統派の演奏という感じで真面目な演奏ですが、グリーグの演奏よりかはこちらの方がややロマンティックな感じでしょうか。グリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オグドンのグリーグ 「ピアノ協奏曲」

 今日はオグドンのグリーグのピアノ協奏曲を紹介します。オグドンの残した音源はマニアックな曲が多く、現代音楽も多いため国内盤は少ないと思いますが、このCDはカップリングがシューマンの協奏曲とフランクの交響的変奏曲という有名曲であり、演奏もかなり正統派かつ標準的なものなので、国内盤も発売されていました。オグドンのファンとしては彼の録音が身の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲキチのリスト 「超絶技巧練習曲」 その2

 昨日の続き。ゲキチの超絶技巧練習曲の後半です。とりあえず聴いてみた順に書いていくと第7曲はわりと普通。それほど個性的でもなく違和感もなく普通の演奏という感じでしょうか。  第8番は冒頭から凄い音量で始まり、速度はそれほど早くないですが全体的にメリハリが効いていて楽しめると思います。それにしても冒頭の轟音を聴いてみると録音状態が非…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲキチのリスト 「超絶技巧練習曲」 その1

 さきほど松本清張の「球形の荒野」を読み終えました。寺巡りをしているときに、戦時中に死んだはずの父の筆跡にそっくりな文字を発見して、父が生存しているのではないかというところから物語が始まります。そういう何気ない感じの、でも現実にはそうそう起こらない感じのことから物語を始めるというところがうまいですね。  読んだことが無い方のために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リヒテルのシューベルト 「ピアノソナタ第21番」

 さっきまで、NHKのリーマン予想の番組を見ておりました。一応理系の人間なので多少は数学についての知識を持っておりますが、コンヌとかダイソン、ナッシュなどの映像を見たのは初めてで、なんか得した気分になりました。コンヌってまだ生きていたんですねw  内容もリーマン予想の概要を伝えることに加えて、それに挑んだ数学者などにスポットを当て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニエヴァスのリスト 「ピアノソナタ」

 今日は録画しておいたダイ・ハード4を見ました。先日、ブルース・ウィリスの吹き替えをしておられた野沢那智さんが亡くなられましたが、この映画でも既に吹き替えができない状態だったのでしょう、別の声優さんが吹き替えを担当していました。というわけでまあ結構違和感がありましたね。私の中ではジョン・マクレーンの声は野沢さんの声で再生されますので最初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニエヴァスのショパン 「ピアノソナタ第3番」

 今日は久しぶりに後輩と将棋を指しました。最近は忙しくなって、プロのタイトル戦とNHK杯を見るくらいしか将棋に接していなかったので、実に半年ぶりくらいの実戦になると思います。後輩が三間党なので私が居飛車になり、お互いに美濃囲い。中盤からこちらが玉頭戦に持ち込み、相手のミスもあって快勝でした(自分で言うなよとw)。  久しぶりに指しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルマンのリスト 「巡礼の年 第3年」

 食あたりになりました。うん、それしか考えられないですよ。昨日の夜にジャガイモを塩コショウで炒めて食べたんですがどうも芽を取りきれていなかったのか、それとも緑色になってしまった部分を食べてしまったのか、今日の昼頃に猛烈な腹痛がきましたよ。幸いトイレのそばにいたので最悪の事態は避けれましたが、いやー、しんどかった。しかもその後も断続的に頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラン・ランのチャイコフスキー 「ピアノ協奏曲第1番」

 今日は一日雨だったので絶好のクラシック日和でしたwというわけで今日は例のグラモフォンボックスからチャイコンの感想を。演奏者は、目で見て楽しむピアニスト、ラン・ランですw全体を聴いた感想としては、丁寧で録音は良好。オケが中心になっている感じの演奏だと思いました。  ピアノがラン・ランなのでフレッシュで勢いのある、ピアノ主体の演奏を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニエヴァスのラフマニノフ 「前奏曲全集」 その2

では昨日の続き。アニエヴァスのラフマニノフ前奏曲全集から作品32について書いてみようと思います。CDそのものの紹介やらピアニストの紹介やらは昨日書いたので、今日はいきなり演奏内容に行ってみましょう。とりあえず感想をひとことで言うと、作品32全体を通して非常に素晴らしい出来栄えです。おそらく作品23よりも作品32の出来のほうがいいんじゃな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニエヴァスのラフマニノフ 「前奏曲全集」 その1

 今日後輩三人と一緒に夕食を食べに行ったわけですよ。んで私は納豆カレーというものを食したわけですねー。そうすると後輩三人全員から「それはー、ないっすわーw」って言われたんですよ。・・・何がないのかと。何がおかしいのかと。普通にうまいし!  というわけでちょっとカルチャーショックを受けたわけですが(まあ冷静に考えて後輩の方がショック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルマンのリスト 「巡礼の年第2年補遺 ヴェネツィアとナポリ」

 今日は友人がいろいろと酒を持ってきてくれたので二人で酒盛りしました。といっても明日が平日なのでほとんど味見程度ですが・・・。マッカランやらバランタインやらがあったので少しずつ味見をしました。  ぶっちゃけ味の違いがわかるほど高級な舌を持ち合わせてはおらんのですが、素人ながらにはバランタインが一番好きですかねー。マッカランは既に開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルマンのリスト 「巡礼の年第2年 イタリア」

 今日は一日寒かったですねー。セーターとジャケットを着てもまだ寒かったですよ。明日も寒いらしいのでまた重装備をせねばならんわけですなー。なんか暖房が効いた部屋にいても、窓側から来る空気が明らかに冷たいのを感じますねー。考えたら今日は一日中熱いお茶を飲んでいたような・・・。  はい、とうわけで今日はベルマンの巡礼の年の続き。第2…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ホロヴィッツのリスト 「伝説第2番 波の上を歩くパオラの聖フランチェスコ」

 寒い!天気予報で知っていたこととはいえ、急にこれだけ気温が下がると困りますよ。というわけでウィスキーを飲んで体を温めながら記事を書いております。なんか、お酒の中でも特にウィスキーは体温を上げる作用が強いらしいですねー。理屈はようわかりませんが、冬場には重宝しますね。というわけで週末辺りに少し買いだめしておこうかねー。  はい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルマンのリスト 「巡礼の年 スイス」

 今日の大阪は雨が降ってましたね。途中に止んでいるときもあったけど、雨の日に外出するというのは少しテンションが下がりますね。雨自体は嫌いじゃないんですが・・・。明日も少し天気が悪いらしく、この雨が終わったら一気に気温が下がるのだとか。この数年は気温の変化が急激すぎる傾向があるような気がします。私自身は暑いよりも寒いほうが好きなのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オフチニコフのリスト 「超絶技巧練習曲全曲」

 囲碁の坂田栄男23世本因坊が亡くなったそうだ。90歳だったとか。私は囲碁に関しては全くの素人なのだが、坂田はタイトル王と言われた大棋士で、年間30勝2敗、年間タイトル獲得7期という記録を作った人。タイトルが少なかった当時で年間に7個のタイトルを取ったというのはすごい。またタイトル戦などの第一線で活躍しながらの、年間30勝2敗という驚異…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラウのリスト 「孤独の中の神の祝福」

 あ~、昨日遅くまで飲み会だったのに今日も仕事とか、きついっすー。まあ今日は昼からだったからまだ良かったけど、土日は休みが欲しいですよ、はい。あぁ、眠い。  はい。では今日はアラウの名演奏を紹介します。曲はリストの「孤独の中の神の祝福」。ほとんど演奏される機会がないような気がするけど、「詩的で宗教的な調べ」の中で最も好きな曲で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more