テーマ:バッハ

ソコロフのバッハ メロディアからの初出盤

ソコロフのメロディア音源が発売されるそうな。 曲目は以下の通り。 J.S.バッハ: 1. ゴルトベルク変奏曲 BWV.988 2. パルティータ第2番ハ短調 BWV.826 3. イギリス組曲第2番イ短調 BWV.807 もちろんメインはゴルドベルク変奏曲なんだろうが、個人的にはパルティータの2番が楽しみである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デッカ、グラモフォンの合唱曲集 50枚セット

DG111で旨みを味わってしまったのか、今度はユニバーサル系の音源を集めた合唱曲集のボックスが出ました。 内容はルネサンス期から現代までの宗教曲を中心に集めたセットで、モーツァルトやバッハの音源はともかくとして、バッハ以前の曲や、プーランクなどの近現代の曲が嬉しいという感じ。 現在6000円弱で販売されているので、かなりお得感がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レオンハルト バッハ全集

アマゾンでレオンハルトのバッハ全集が5割引きになってる。 20枚で5000円弱というのは最近の激安CD市場から見るとそうでもないように思えるが、国内盤(のはずだよね?)と思うとなかなかのサービスっぷりだと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レオンハルト バッハ 鍵盤楽曲全集

アマゾンでレオンハルトの鍵盤楽曲全集が安くなっているようである。 だいたい3割引きになっており、国内盤の値下げとしては相当に大きい。 私はチェンバロはあまり聴かないのでこのボックスには二の足を踏んでしまうが、購入を考えている人には朗報かもしれない。 ちなみに私はレオンハルトのボックスを2点購入しているのだが、まだほとんどの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グールド バッハ・エディション

グールドのバッハ録音を全て収録した全集がリリースされるらしい。 ぱっと見たところ、初出時のカップリングをそのままCD化するようで、バッハ以外の音源も含まれているようだ。 グールドのバッハと言えば、CD20枚組の全集がずっと廃盤だったので、グールドのバッハに興味がある人からするとなかなかの好企画だと思う。 ただし、個人的には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リヒテル バッハ 平均律 SACD化

リヒテルのバッハの平均律がSACDになるそうな。 そこそこ古い録音とはいえ、長めの残響とリヒテルのロマン派的な解釈がマッチしているので音質的には結構好きだから、今回のSACD化は結構興味ありだったりする。 個人的にはバッハの平均律はリヒテル盤が至高だと思っているのでどれだけの音質向上があるのか楽しみだ。 ま、SACDプレイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘンスラーのバッハエディションが再販?

 HMVによるとヘンスラーのバッハエディション172枚組が再版?されるらしい。商品ページには8月下旬に再入荷となっており、再販ではなく、在庫の確保ができただけかもしれないがどちらにせよ本当に再入荷されるなら喜ばしいニュースである。  ちなみに私はこのセットを欲しいと思っていたのだが、モタモタしているうちに売り切れてしまったので喜び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★★ ローゼンのバッハ 「ゴルドベルグ変奏曲」

 今日パソコンに詳しい友人に聞いたら、XPがインストールできない理由が判明した。  友人「ひょっとしてマザーボードが64bitしか対応してないんじゃないの?」  私「・・・あ・・・。」  はい。以上です。完全に私のミスですwそうか、64bitのみか。  しかしこれは困った。まあXPは再インストールとかにも使えるので持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★★★★ ピカイゼンのバッハ 「無伴奏ヴァイオリンパルティータ第1番」

 今日も昼から雨だった。週末もずっと雨らしく、しばらくは外出できそうにないなーと思う。しかも台風が近付いているみたいで、日曜あたりには関西にも来るらしい。現在920ヘクトパスカルらしく、これはかなり強い台風のようである。まだ5月なのにね。大阪はあまり台風の影響を受けないようなのだが、今年はちょっと幸先が悪い感じだ。っていうか、沖縄とかは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★★★ フェルツマンのバッハ 「パルティータ第4番」

 また書類に追われる毎日を過ごしておりまする。今回書いている書類は前にも同じものを書いたことがあるので少し気が楽ではあるが、分量が多いのでめんどくさいことには変わりはない。まあ土日は確実に潰れますなw予報ではどちらも雨らしいのでちょうどいいといえば丁度いいのか・・・。  さて昨日の続きでフェルツマンのパルティータ。今日は4番に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★★★ フェルツマンのバッハ 「パルティータ第2番」

 昨日のもんじゅの問題と関連する話題として今日面白い話を聞いた。原子力の代替エネルギーの話題なのであるが、潮流発電というものがあるのだそうだ。  簡単に言うと定常的に決まった方向・一定速度で流れる黒潮を利用した発電方法で、船を海流の上に浮かべ、それに取り付けたプロペラを回して発電するというものらしい。  日本は東京などの都会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェインベルクのバッハ 「平均律クラヴィーア曲集」 その1

 敦賀原発でも放射能漏れ事故があったらしい。おい!敦賀よ、お前もか!って言いたくなりますよ。どうやら燃料棒に損傷があるんじゃないかということらしく、外部に漏れたというわけではないし、即メルトダウンにつながるような事態ではないのであるが、福島第一原発のことがあるだけに正直恐い。  でもこういう事故っていうのは毎年のようにあるわけで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハのピアノ協奏曲全集 その1

 今日は友人が久しぶりに大阪に来たので一緒に梅田あたりをブラブラしました。ご飯を食べたり本屋とかCD屋を回ったくらいなんですが、やはり気の合う友達と話ができるというのはいいですねー。話しながらいろいろと店を回って戦利品もいろいろとゲットしてきましたよ。  とりあえず今日聴いたのはベロフとかのバッハ協奏曲集。ダルベルトとかタッキーノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピーター・ゼルキンのバッハ 「2声のインヴェンション」

 今日はまたブックオフでヒカルの碁を立ち読みしてきました。でも20巻以降がなくて19巻までしか読めませんでした。20巻以降も揃っていたら買いたかったんですけどねー。持っていない巻が全部揃ったときに買うことにします。ヒカルの碁を探すついでに文庫本も数冊買ったんですが、そのときに偶然ピーター・ゼルキンのバッハのCDを見つけたんですよ。という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワのバッハ=リスト 「プレリュードとフーガ」

 今度VENEZIAレーベルからガヴリーロフのバッハの協奏曲全集が出るみたいですね。っていうかこの音源の存在自体を初めて知りました。EMIに録音しているCDは持っているんですが、彼は2回もこの曲を録音していたんですね。そういえばフランス組曲も2回録音していますし、バッハには特別の思い入れがあるんでしょうか。3月下旬に発売されるようですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイセンベルクのバッハ 「トッカータとフーガ」「プレリュード(シロティ編曲)」

 今日はすごい雪でしたね。行きは猛吹雪、帰りは雪はそんなに降っていませんでしたが渋滞がすごかった。道路の雪が氷になると車では帰れないので少し早めに帰ったのですが、いつもは30分程度で帰れるところが1時間半くらいかかりましたよ。おかげさまでCDが2枚も聴けましたw  それにしても今年はやけに雪が降りますねー。積もるのも2回目です。大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイセンベルクのバッハ 「シャコンヌ」

 「イニシエーション・ラブ」という本を読みました。乾くるみという人が書いた本で、ネットでオチが面白い本として紹介されていたので衝動買いしたものです。長編というほどの分量でもないので一気に読んだんですが、たしかにオチが面白いですね。なんか本のカバーの裏に書かれているあらすじでも「最後から2行目は絶対に先に読まないでください」というようなこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒューイットのバッハ 「半音階的幻想曲とフーガ」

 最近「NUMB3RS」っていうアメリカのドラマを見てます。主人公が数学者で、数学を使って難事件を解決するっていうドラマなんですが、これが結構面白いんですよ。  日本だと大体こういうドラマで数学が使われると全然数学っていうものが使われていなくて、せいぜい算数レベルなんですよね。たまに高度な数学用語とかを使っていても使い方が間違えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒューイットのバッハ 「パルティータ」 その1

 寒い。天気予報でわかっていたこととはいえ、ムチャクチャ寒いですねー。大阪でも氷点下2度まで下がるんだとか。こういう日は一日中引きこもるに限りますなー。  しかし一日中家にいてまともに動いていなくてもやたらと腹が減りますね。正月あたりから少し太ってきたような気がしてちょっと気をつけないといけないんですが・・・。  かと言って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒューイットのバッハ 「平均律第2巻」 その2

はい。ヒューイットの平均律のラストです。これも昨日のCD同様に著しい個性はなく、正統派の演奏という印象を受けました。  まあ昨日も書いたとおり平均律の第2巻はほとんど聴かないのでこれといった感想も書けないという事情もあるんですけどねw  というわけでこの第2巻の後半も、正統派の演奏と音質の良さが特徴と言えると思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒューイットのバッハ 「平均律第2巻」 その1

 さてヒューイットのバッハの続きです。平均律の第2巻ですが、改めて考えてみると第2巻の方はあんまり聴いた記憶がないんですよねー。  平均律を聴くときはもっぱらリヒテルのCDを聴くということは前にも書いたと思いますが、基本的に第1巻の第1番から順番に聴いていくことが多いので第2巻の最後まで聴くというのはなかなかないんですよ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒューイットのバッハ 「平均律第1巻」 その2

 昨日もまた更新ができませんでした。本当にすみません。  実は昨日女の子とデートに行ってその帰り道で告白したんですが、返事を待ってくれと言われましてね、まあそのときの感触から予想するに多分振られるんだと思いますが、帰宅したらもうHPが残っていなかったんですよ。それでそのまま布団に潜り込んで、ヒューイットのバッハを聴いていたらいつの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒューイットのバッハ 「平均律第1巻」 その1

 さて今日はヒューイットのバッハボックスからの紹介です。最近発売されたばかりで、とりあえず平均律の第1巻の1枚目から聴いてみました。ざっと全体を聞いてみた感想としては、良くも悪くも個性的という感じでしょうか。特に前半の数曲で個性が目立っていたように思います。  まあ一口に個性と言っても具体的な内容が分かりにくいのですが、私が一番好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャフランのバッハ 「無伴奏チェロ組曲 第5番」

 さて今日はシャフランのCDを紹介したいと思います。シャフランはソビエトのチェリストでロストロポーヴィチと同世代であり、いくつものコンクールでロストロポーヴィチと優勝を分け合ったという名手です。  にも関わらず、知名度という点においては圧倒的にロストロポーヴィチの方が優っております。かく言う私も、数年前にブリリアントクラシックスか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガヴリーロフのバッハ 「フランス組曲 第3番」

 さて昨日の続きでガヴリーロフのフランス組曲です。ただし今日は第2番じゃなくて第3番です。2番を飛ばした理由は特にないんですが、なんとなく第3番を選んでみましたw  改めて聴いてみると、第3番も曲の構成が第1番とそっくりですね。まあ元々そういう意図で作られたのかもしれませんが・・・。その中で特にいいと思ったのは第1曲、第3曲、第6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガヴリーロフのバッハ 「フランス組曲 第1番」

 さて今日はガヴリーロフのバッハを紹介したいと思います。曲はフランス組曲の第1番です。私が初めてフランス組曲の全曲盤を聴いたのがこの録音でした。最初に聴いたからっていうのも大きな原因になっているでしょうけど、今でもフランス組曲と言えばこのガヴリーロフの演奏が真っ先に思い浮かびます。  今日久しぶりに聴きましたが、やはりいかにもロシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイセンベルクのバッハ 「プレリュードとフーガ」他

 昨日出張から帰ってきました。帰宅して夕食をとってからすぐに寝てしまいましてブログの更新ができませんでした。今日からはまた毎日更新いたしますので、よろしくお願いいたします。  えーとですね、しばらく音楽を聴いていないとバッハが聞きたくなるわけですよ。まあ原点回帰というやつでしょうかね。というわけで今日はワイセンベルクのバッハ名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイセンベルクのバッハ 「主よ、人の望みの喜びよ」「来たれ、異教徒の救い主よ」

 今日は親戚のおばちゃんたちが九州から来てくれたので一緒に昼食を食べました。しかしそのおばちゃんたち、よくしゃべりますなーwおばちゃんが3人来て、こっちは家族5人だったんですが、ほとんど休みなくおばちゃんたちがしゃべっていましたよwまあ、その中の二人は数年ぶりに会ったのでいろいろと近況を聞けてよかったんですけどね。しかし一番年上の人なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイセンベルクのバッハ 「パルティータ」 その3

 さていよいよワイセンベルクのパルティータのラスト、第5番と第6番です。  まず第5番。実はこの曲もあまり聴くことがありません。基本的にパルティータを全曲聴くときくらいしか耳にしないです。しかもワイセンベルクのディスクでは1枚目の最後に収録されているのでよほど時間があるときでないと聴きませんねー。どうもパルティータに関しては気数番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイセンベルクのバッハ 「パルティータ」 その2

 水曜日にプレゼンをすることになったんですよ。それで月曜日には別の用事が入っていて一日仕事になりそうなので実質日曜と火曜しか残っていないわけですね。ということで今日はそのプレゼン用のスライドを作りに行っていたわけです。  夕方からダラダラと始めたんですが、夜も更けてきてイイ感じにペースアップしてきて10枚くらいできたんで、休憩がて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more